上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさて!6万Hitありがとうございます!

気づいたらこのブログを開設してから2年も経ってるんですね。
随分とブログの更新頻度は落ちておりますが、アトランティカへのモチベーションは変わっておりません。

最近は手軽につぶやけるのが楽なのもありツイッターでの発信が多目になってしまっておりますが、やっぱり僕の原点はこのブログだと思ってるので、ブログの更新もがんばりたいなと思っております。

さて今日は巷で話題の緋萌狩りについて検証していきます。

【緋萌狩りとは】


緋萌のイヤリングと緋萌のブレスレットを2個ずつ装備した傭兵の魔法攻撃(呪術書含む)で止めを刺し、経験値を通常より多く取得する狩。

ちなみにイヤリングもブレスレットも今は1個100G弱の値段がついてるので、全く持っていない状態から4つ揃えるのは400Gぐらいかかるブルジョア装備となっております。僕はいつかのアクセサリポンでブレスレットを2個持っていたのと、イヤリングを40Gで滑り込みで1つ購入できたため安く揃えられました。
最初はこのアクセサリ高騰の流れで手持ちのブレスレットをうっぱらってやろうかとも思ったんですけど、目先のお金と、ドリアードを含めたここから先の育成効率を天秤にかけたところ、ここはケチるところじゃないだろうという結論にいたりました。

【狩り方】
最も効率がいいのは、ムウィンド・気候士・三蔵法師のクール2全体攻撃持ち傭兵で味方2ターン目にぶっぱで一掃し、次のターンで拾い終わる方法。ただこれは高レベルの上記傭兵がいる前提で、その上に装備やバフが絡んでくるみたいなので、割と敷居が高いと思われます。
なので、自分の手持ち傭兵や装備と相談し、味方3ターン目に倒し終われるぐらいになればこの狩で効率アップが望めると思います。

【狩場】
いくつか候補があるようなので自分に合った場所を見つけるといいと思います。
・花果山 第二関門(敵が全て近接で魔法にそこそこ弱い?)
・超越の神殿 生の関門(魔法に弱い。遠距離攻撃がない)
・沈黙の聖地(1戦闘の敵の数が多く、1体当たりの経験値が多い?気高い製錬石のドロップもあり)

ちなみに僕は超越の神殿で呪術書狩りをしています。詳細は下記。

【効率】


自分自身、どれぐらいの効率が出るのか知りたかったので動画撮影しました。

・ドリアードに緋萌セットを装備させレアチャリオットを装備すれば、晩餐がなくても称号のみで全ての敵が一掃できます。
・1ターン目:待機→2ターン目:呪術書を焚く→3ターン目:拾う。これで1戦闘だいたい30秒。
・仕様上最初のターンでは呪術書は使えません。ただ、援軍が来た場合はその都度呪術書が焚けるため、援軍が来るほど効率があがります。被弾はドリアードのスキルで無効化。
・PTは探索要因で5人。魔法が地味に痛いため近接で揃えています。

経験値バフ495%で1PT最大66mほど。今回は約10分狩り続けて総取得経験値は1.3Gでした。1時間で8Gってとこでしょうか。
今まではレア火龍で1撃で葬る狩をしていたんですが、同じ経験値バフで以前での狩りをしてみたところ、1戦闘約20秒で1PT最大30mでした。経験値効率的には1.5倍弱ぐらいですかね。ガバガバな計算ですけど。

一見すると操作が複雑ですが、マウスに「ターン飛ばし」・「呪術書使用」・「全体捜索」のキーを割り当てればキーボードに触らなくても狩ができます。やることはワンパターンなので慣れればほとんど手が勝手に動きます。
デュアルモニタでやれば動画見ながらリフバフの2時間なんてあっという間!

ちなみに、動画で使用した呪術書枚数は20枚(たぶん)。現在の市場価格で紅焔の呪術書は1枚当たり約12m。ということは、1時間あたり1440mぐらいとんでいくということになります。
経験値集中1時間も900mという意味不明価格になっておりますが、3時間や1日と違い使った分だけお金が飛んでいく財布にとても優しくない狩ですね。

いただきものを含め、幸い紅焔の呪術書のストックはまだたくさんあるので、ドリアードが165になった後は三蔵法師や天気を少しずつ育成して、呪術書を使わないでも今の効率を出せるようにしたいです。
みなさんも倉庫に眠っている旅人のリュックとか漁ってみるといいですよ!

【ドリアードその後】


160昇級ステータスです(ワシバフ込み)。

噂によると体力が爺より低いらしいです。魔法防御の高さも相まって遠距離攻撃ができる杖傭兵みたいになってる。

165に期待。


【アトランティカ好きにオススメサイト】

あとらんデータ@wiki
この前ネットを色々回ってたら見つけました。
もしかしたら知らなかったの僕だけかもしれません。

各ヒーロー・各傭兵についての考察がこと細かく書いてあり、構成を組む上で参考になることばかり。こんなサイトを待ってた!

ついこの間本国にきたばかりの清蘭の弱体とかオデ武装強化とかも既に反映されていて、とても読み応えがありました。リーグやってる人もやろうと思ってる人も、のぞいて見るとよいかも。リーグ以外のことも情報盛りだくさんなので、一見の価値有りです!
どなたが書いてるんだろう??



こういう書き方すると本当は知ってそうだけど、本当に知りません。めんどくさい世の中になりましたね。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト御礼 そして時は金なりへ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。