FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詳細は次回( ・´ー・`)

詳細は次回( ・`ω・´)

詳細は…(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.

すいません、前回の海賊入り構成についてドヤ顔で詳細は次回とか書いてすいません。
負けすぎて考察ってレベルじゃなくなりました。
出直してきます。


愚痴ここから↓


アト剣相手には『後ろの傭兵をボロボロにするまえにこっちの傭兵がボロボロだったでござる』状態だし、アト杖相手には『後ろの傭兵がどんどん回復していくでござる』状態。

移動のタイミングとか、相手傭兵を落とすタイミングとか、加護をたくさんはらせて回復を入りにくくさせたりする小細工とか、細かいとこをしっかりおさえつつ攻撃がワンパターンにならないようにしないとダメですね。
考察以前にPSの残念さが浮き彫りになったのでありました。

やっぱりお気に入りブログに書いてあったように、構成を固定して考えるよりは、相手次第でピンポイントで傭兵を変えていくような柔軟さがないと難しいのかな。はたまた単純にPSの問題なのか。
とりあえずやってみないと始まらないので、初心にかえって色々試してみたいと思います。


愚痴ここまで↑


●150目前なので少し昔話でも。
昨日の時点で150まで@5%。
けど、たぶん更新に間があくのでもう150になったつもりで書いていきます。
本当にただの昔話なので、興味のない人は時間の無駄かもです。


今年の5月にアマリネージュで1から初めてもうすぐ半年。
アマリネージュを選んだのは魔力塔が強いってのを聞いていたのと、リーグとかブログで名前を知っている方がたくさんいたからです。
昔の鯖のフレからのサポートや参考になるサイトなどのおかげで、特に躓くことなく順調にここまでこれました。
あとは、リーグで早く上位と対等な位置で戦ってみたいって感じでモチベを保ち続けられたのも大きな要員の1つです。
キャップ開放が見えてるので特に感動もないですけど、1つの区切りですね。


自分が最初にアトランティカを始めたのはもう何年前か忘れましたけど、ちょうどアロン鯖ができたころでした。
ドルイドが実装される少し前に引退するまで、一番力を入れていたのは今と同じ無限リーグ。

ゲーム=ファンタジー=魔法最強!のイメージで杖を選んだら、まさかの魔法攻撃がないという罠。
それでも対人の奥深さにはまって、リーグにどっぷり浸かってました。

光の疾走の実装、火炎強打の実装、気候士の実装、色々ありましたけど、やっぱり印象深いのはヴァルハラの弓。たしか、初めの頃は特殊魔法が発動するとヒでもHPがMAXから半分以上減るんですよね、あれ。ヒ直されてるだけで2分ぐらいでやられるクソゲーw
他には弓9で全攻撃ヒ直とか今じゃ考えられないぶっ飛んだ構成もいて、それはそれで面白かった。

そんな感じでリーグを楽しんでる中で、颯爽と現れた(というか、自分が知らなかっただけですけど)もう一人の杖ヒ。話したこともないのに引退するまで勝手にライバルと思い込んでました。リーグであたったら「杖ヒ頂上決戦!」とか勝手に妄想して普段より気合いを入れたりもしてました。

そして復帰して久しぶりに行ったタイタンの観戦。昔の鯖はほとんど知らない名前ばっかりになってた中で、懐かしいその名前がありました。覗いてみたらあの頃とほとんど変わらない構成で胸が熱くなりました。
一世を風靡した爺2時代でも(たぶん)爺2を使わず、構成を変えずに上位に食い込んでいて、誘惑に負けてあの屈辱的なビジュアルの爺2にしてしまった自分が謎の敗北感を味わったのもいい思い出。
いつかタイタンであたってみたいです。

こっそり応援してます。

※何分昔のことなのでところどころ違ってるところもあるかもしれません。
 もし違ってたらごめんなさい。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト思ひ出は優しいから甘えちゃダメなの

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。