上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巷ではブログをちょくちょく書いて数日かけて完成させる方もいらっしゃるようですが、僕は一回書き始めたら完成まで筆をおきたくないタイプなので、書くことがあっても時間がある時でないとブログを書かないのです。
という言い訳からこのブログの2015年は始まります。今年もよろしくお願いいたします。

さーて、今週のさ行の最後さんは3本立て!
1.デザコン開催!
2.今週のCS・タイタン
3.LTのとり方にいて(コメントより)

でお送りします。



1.デザコン開催!
もう完全に開催されないと思っていたので寝耳に水の朗報でした。
あんまり公式サイトを見ることがないという方もいると思うので詳細を公式より引用して載せておきます。

----------------

■募集期間:2015年1月21日(水)定期メンテナンス後~2015年2月17日(火) 23:59:59

■応募条件:アトランティカをプレイしている皆様

■応募方法:特設ページの応募フォームからお願いいたします。
※特設ページの公開及び募集は2015/1/21(水)定期メンテナンス後より開始いたします。

■募集内容:考案した傭兵の性別、職業、ランク、昇級時の名前、物語、使用スキルなど

■結果発表時期:2015年3月頃予定
(スケジュールは予告なく変更される場合もございます。予めご了承をお願いいたします。)

----------------

※募集内容に「考案した傭兵の職業」って書いてありますけど、今回は斧傭兵限定です。本当に適当なんだから!

 
斧って言うと武器的には結構マイナーなんですよね。僕の勉強不足かもしれませんが、歴史的に斧を使った偉人ってあんまりいない気がします。槍とか剣はたくさんいるのに。
イメージだけで言えばバイキングとかドワーフってあたりですかね。アッティラみたいに実在のキャラを無理やり斧キャラにするのもありかもしれませんが、やっぱりイメージって大事。
例えば、ドリアードが斧なんか持ち出していきなり振り回し始めたらどうしましょう。「おいおい、どうしたんだいドリ子、気でも触れたかい?よ~しよしよしよしぺろぺろぺろぺろぺろぺろ」ってお前の気が一番触れてるじゃねーかってなるじゃないですか?それと一緒ですよ。
後はやっぱり既存傭兵と被ってる要素が少ないってのも大事な気がします。過去のコンテスト最優秀賞を見ると「人形遣い」とか「ネクロマンサー」とかそれまでにはなかった全く新しいジャンルがやっぱりグランプリをとってますもんね。
ちなみに僕は、「実在の人物かつ斧を持ってても違和感がない(そそ基準)」、このテーマで応募します!僕が誰で応募したかは結果発表でわかりますよ^^

それと性能的な話になりますが、斧ってもうずっとドルイドの天下なんですよね。もっと言えばスキル的にはバイキングの完全上位なので、初期からテンプレに入り続けてきた「一列スタンもちの斧傭兵」という枠をどうするかというのがかなり大きな要素になると個人的に思います。
具体的には新傭兵を「ドルイドの完全上位にする」もしくは「ドルイドと共存(別の役割を持たせる)する」のどちらにするのかというお話。
韓国では既に剣傭兵の天下になりつつあるので、ドルイドを抜くという構成が増えてきていますが、やっぱりあの1列スタンとバフは魅力。そういう意味でのデザインでは鞭より相当難しい気がしております。まぁこっちがせっせとバランス考えても開発が全部ぶっ壊すんですけどね!

何はともあれ、周りの話を聞いてるとみんな結構凝った設定が多くて、どれが実装されても面白そうな今回のデザコン!結果発表が楽しみです。
後、暗黙の了解みたいに「デザコン傭兵=A級の女傭兵」みたいな縛りが出てきてる気がしないでもないんですが、今年はどうなるんでしょうか!そこも気になるところ!


2.今週のCS・タイタン

●構成

金オヴ
$清爺
ド ヒワ

ヒはトリッシュ。浄化2枚あるし、いっそのこと火力要因3体後ろにおいてバフ入れて殴りまくり構成。
後半、疲弊してきた後列杖を落とせたら、束縛×2の監獄プラス盾強打でずっ俺(ずっと俺のターンでいようねの意)を仕掛けていくスタイルです。鞭2でビシバシ殴って相手傭兵のHPがどんどん減っていくのを見ると、ぶっぱとはまた違った爽快感があって楽しい。
リーバがきたら爺はワシと交換する予定だったんですけど、今日やってみて思ったのはジョン相手でもワシと交代しないとダメですね。迅速も入ってないから、覚醒しかしてないのにクールごとに封印護符をくらうとすぐサボる怠慢爺になってしまいました。

●CSでにきに負け
前回は参加者=優勝者というありえない伝説ができてしまったためか、今週は普段と比べたら多い出場者がいました。それでもガチ勢の参加は他鯖と比べると少ないですが…。

でにきにはいつも猛獣バフからの超火力で理不尽ダメを出されていたので、ヴァル→関羽とオデ+中央に金さん配置で晴蘭を投入というガチガチの対策で突撃。それが功を奏して理不尽ダメで蹂躙されることはありませんでした。
しかし、監獄護符を常に顔面ブロックせざるを得ない構成のこちらも、爺が全然動かない+修羅地獄のため、被弾処理にヒーローやドリアードの手を割かされ思うように攻撃ができません。迅速もないのでAPも結構厳しい。終盤まで割と息苦しい展開になってるなと思ったとき、ふと気づきました。「あれ?ヒのHPやばくね」
時既に遅し。修羅地獄で加護漬けにされあえなくヒ直で撃沈。最後のターンは残るか残らないか微妙なところで、残ればワンチャンあった気がするだけに、こういう時に装備強化の重要さを思い知るのです。せめて金ちゃんのスキルかドリ子のスキルで加護とけるようにしてほしいなぁ。

●タイタンでにきに負け
・1回戦VS末裔杖
知る人ぞ知る杖のみ構成の方。杖8+退魔という異色の構成は、テンプレ傭兵がはびこるアトラン界に一石を投じていると言っても過言ではないでしょう。←格好いいことを言おうとしたがために何を言っているのかわからくなったパターン
はじまる前は杖8なんてどこで火力出すんだと思ってたんですが、L使徒杖の痛いこと痛いこと。前衛のヴァルがガンガン殴られ、みるみる減っていくHPに焦るそそ。対するこっちの攻撃はパッシブ+晴蘭でみるみる回復され、しょぼい連打だと殴るのが嫌になるぐらい。
今思えば覚醒だって2列目以降に下げればする必要もなかったんですが、杖8(+剣)という構成がイレギュラーすぎて色々と頭からすっぽ抜けていました。
中盤以降、暴風雨だけはくらいたくなかったので手厚くケアしたのと、とランダム呪術書から後ろで錯乱をひいてスタンゲーに持ち込んだのもあり辛勝。ランダム書次第では普通に負けてた。恐ろしい杖たちでした。

1回戦、まともにお礼がいえなかったんですが、試合中の応援ありがとうごさいました!

・2回戦VSでにき
もうおなかいっぱい。展開は割とCSと同じ感じでした。お互い決め手に欠き息苦しい展開で、こちらの爺はAP不足で動かずあわあわ。違ったのはヒ直を警戒していたかしていないかの違いぐらい。
CSの時もそうだったんですが、でにきは他の天魔もちさんと比べてスタン狙いの修羅地獄をよくうってくる感じがします。
特に序盤。血魔崩天は痛いので嫌ですけど、バフも消されるし修羅連発は修羅連発で鬱陶しい。
今回の敗因は爺の中列放置はもちろんですが、金ちゃんが封印護符や加護のせいで全体スキルがほぼうてなかったことじゃないかなぁと勝手に解釈しております。終盤に決められてたら…うん、たらればはやめましょうね。


3.LTのとり方にいて(コメントより)
前回の記事でLTの取り方についてコメントをいただきましたので、参考になるかわかりませんが僕が意識している範囲でLTのとり方について書いていこうかと思います。
ちなみに僕自身LTをしっかりとれているわけではなく、むしろ時間をすぐ忘れるタイプなのでその点はご了承くださいね!

まず、「持ち時間は最大30秒であり、傭兵の動ける人数によって持ち時間は変わる」というのが大前提としてあります。これはもちろん相手も同じ。
具体的には、動ける枠が1or2枠で15秒、3枠で20秒、4枠で25秒、5枠で30秒という具合です。

【毎分50秒で相手にターンを投げるのを意識する】

対人の持ち時間は基本30秒なので、極論を言ってしまえば毎ターン、○分50秒でターンを送れば、相手が○分20秒でターンを返してきて、またこちらも30秒フルに使って○分50秒にターンを送ることができ、それを続ければ最終的にはLTがとれます。
(自2分50秒→敵2分20秒→自1分50秒→敵1分20秒→自50秒→敵20秒→自LT)(時間はターンを送る時間)

ただ、時間ギリギリのスキルで30秒以上消費されたり、逆に動ける枠や早回しの関係で30秒使われなかったりと、
相手が30秒きっちりで返してくることはほぼないので、上の時間はあくまで目安になります。

LTをとるためには最低でも残り30秒より前にターンを送らないといけません。それが残り50秒でターンを回されたとなれば、ラグも含め、動かせる時間は10秒ちょっと。
つまり、○分50秒付近でターンを送り続け、最終的に0分50秒でターンを送ることができれば、相手がよっぽど最後の動きを決めていて最速で行動できるか、最適な動きを放棄しない限り、ターン送りのラグも含めてLTをとれます(自分と相手が両方30秒フルで使える場合)。LTでこちらの動ける枠や相手の動ける枠が少なくなりそうな場合は、50秒から少ない枠分の秒数をひいてターンを送らないとLTをかっさらわれるので注意が必要です。

後は、時間を意識しすぎて最適な動きができないというのは本末転倒なので、時間は余裕を持って把握しておくのがいいと思います。もちろん、いきなり5分ぐらいで時間を意識し始めろというのは無理な話なので、最初は残り1分辺りから「50秒でターンを渡す」ということを意識していけば徐々に時間を見る癖がついて、把握できる時間も長くなっていくんじゃないでしょうか!集中しているとLTどころか終了時間も忘れる時があるので気をつけましょう!

最後に、持ち時間が30秒に対して試合の残り時間が35秒とか微妙にLTが相手にいってしまいそうになった場合は、持ち時間ギリギリで、傭兵(ヒーロー)に行動させて時間を稼ぐのがいいです。
カーミラの呪詛などは7秒ぐらい稼げますし、こちらの後列から相手の後列に捜索に行けば、5秒弱は時間を延ばせます。
連打しまくるのを祈って傭兵に攻撃させるのもある意味一つの戦法だと思います。
自分の構成のどの傭兵のどのスキルの行動が長くて時間稼ぎに使えるかを把握しておくのもLTをとるために大事なことだと思ったり。

とまぁこんな感じでだらだら書いてしまいましたが、僕が書けるのはこれぐらいです。
ここで書いたのはあくまで基本的な理屈なので、戦況に応じていかにこの理屈を応用させるのが重要かと!LTを無理にとりにいくより、与えられた時間をいっぱいにつかって相手のLTでまくられない動きをする方が結果的に勝ちにつながることもありますしね。
紅しょうがさんが公開されている動画には試合時間が表示されているので、それを見ながらタイタンの強者がどんな感じでLTのやりとりをしているのかを見るのも面白いと思います。

読みにくくてすいません。またわからないことがあったらコメントしていただければわかる範囲で回答させていただきます!

後は、アトランで一番LTとるのがうまいじゃじゃらにゃんがコメントで補足してくれるでしょう!

(追記)
じゃじゃらにゃん補足してくれました!ありがとう!
「慣れてきたら相手に50秒とられてるときに如何にずらすか」もLTとる上で大きな要素だそうです!

スポンサーサイト
年の瀬です。年の瀬でも僕はアトランティカをやっています。

傍から見ればこいつ年末まで何してんだって感じだとは思いますけど、このブログを見に来てくださるみなさんはそんなひどいこと言いませんよね。だって同じ種類の人間のはずだもの。僕たちみんなきっと仲良くなれます。


さて、これが今年最後の記事となります。
今年最後と言うことで、既に毎年おなじみの、「過去の記事を参考にしながら、1ヵ月ずつ今年度の振り返り」の記事をそそ視点で書いていこうかと思いますよ。



【1月】
・タイタン初優勝

タイタン優勝した!

1月はこれに尽きますね。サッコ強化がきてから最初のタイタンじゃなかったかな。すでに遠い記憶の彼方の出来事のようですが、ちょうど1年前ぐらいの出来事です。そろそろタイタン鯖の履歴からも消えるでしょう。悲しいなぁ。SSとっとこ。
サッコ末裔杖というあの頃猛威を振るった組み合わせに加え、もっとぶっぱしたいからケイロニアも入れちまえという割と安易に思いついた構成で、環境の恩恵を一身に受け初優勝。完全に一発屋。
いつだったか忘れましたが、サッコ強化のアプデがきた後、精神弱化が60・深海の力(全体スキル)が1とかの中途半端サッコだった時にそれを師匠に話したら、「勝てるチャンスがある時に全力を尽くさないでどうすんの」って言われて刺激されたのを覚えています。
その後、サッコのスキルを全部マックスにして、カンストのギガスがいるのにも関わらず破壊エネルギーだけのためにギガスをレンタルしたのですが、優勝できたのはあの言葉があったからこそだと思ってます。
○○先生の「ケイロニア後列にした方がいいんじゃない」ってのも会心のアドバイスだったよ!


【2月】
・激戦あくろかっぷ開催

タイタン2回戦突破!

ブログ見て思い出しました。そういえばこんな素晴らしいイベントもありましたね!
流音さん主催の対人トーナメント。A級禁止という縛りをいれ、各鯖から選りすぐりのプレイヤーが集まり激戦を繰り広げました。いや、もう本当に豪華メンバーだった。メンバーも豪華だし、A級禁止という縛りを入れることでいつもと違った感覚で試合を見ることができて満足度は満々満足の星5つ。優勝はたしかトリさんだったかな。
第2回はいつかなぁ。


【3月】
・ドリアードがデザインコンテスト最優秀賞に決まる

ぼくのかんがえたとてもかわいいようへい

これ3月の出来事だったんですね。あの時の興奮はもう言葉では言い表せないぐらいのものでした。
ちなみに、ドリアードのモデルは聖剣伝説、もっと言えば聖剣伝説3の木の精霊ドリアードです。アトランティカをやってる層だったらご存知の方も多いんじゃないでしょうか。性能はともかく、キャラクターはかなり自分のイメージと近い形で実装していただきました。ありがとうございました。
ただ、傭兵コンテストを含め、アバターとかのデザインコンテストの告知は今日まで全くないので、これらのコンテストは実質もうないと思ってもいいのかもしれません。ワクワクするコンテンツだっただけに残念です。2連覇目指してせっかく新しいキャラ考えてたのに><
僕のどりたそそ子は今日も元気です。


【4月】
・最強決定戦開催

SG春のGM紹介など


なんだかんだで盛り上がる最強決定戦が開催!この回は、ガッチマンというニコ生界隈ではかなり有名な方とのコラボレーションをして生放送をしておりました。新規開拓を狙ったような番組構成でしたが、今現在新規が増えているのかと言うとう~んと言わざるを得ない。
ただ、こういう取り組み自体にはすごく賛成なので、ぜひ続けていって欲しいです!運営さんガンバレ!って気持ちだったのに今や生放送どころか最強決定戦ドタキャンですよ。ふざけんなばか。
ちなみに優勝はまたトリさん。またか!


【5月】
・ジェシカ実装

復讐者

他にもなにかあったと思いますが、ブログにそれっぽいのがこれしかありませんでした。
今やリーグどころかコロシアムや狩りですらみかけない完全な空気傭兵ジェシカたんの実装はこの月。そういえば武軍実装が発表されてから単体の新傭兵の情報全くないですね。新傭兵って無条件でワクワクするから、そろそろなんか新しい傭兵発表されて欲しいものです。
あとジェシカには関係ないけど、この記事で書いた「傭兵の背景に絡んだ覚醒クエスト」がついにグリム兄弟で実装されました。やっぱりブログは参考にされているみたいだね!さぁみんな!もっとブログを書こう!ははは!


【6月】
・レベルキャップ解放+レジェンド実装

レベルキャップの壁崩壊


開放か解放どっちが正しいのか悩んだ末、崩壊でお茶を濁した記事。う~ん、ずるい!
解放した瞬間、ほとんどの人は170になったかと思います。僕は始めたのが遅かったのとサボり期間がちょくちょくあったため167止まりでした。
カンスト後の経験値の累積の有無って結構賛否両論ですよね。僕は別にどっちでもいい派です。
レジェンドは爆死者が続出。アトラスが1800円で100個なので、1回強化するのに1万円以上。しかも失敗の確率がかなり高いって冷静に考えたら狂気の世界。僕もその狂気に飲み込まれているわけですが。
実装前はこんなもん石油王しか持てないだろと思ってましたが、今やタイタンでてる人はほとんど1つはレジェンドを持っている時代に。まだまだアトランティカは安泰でしょうか!


【7月】
・アト杖に転職

【タイトル詐欺】SSと共に振り返る最近のできごと


使徒アト杖に心が惹かれまくり、トリッシュからアト杖へ転職。ここでレア強化に手を出してしまったことで、この後レジェンドのドつぼにはまってしまうのでした。ちょっと前まで「レア武器なんてNでいいじゃん」とか豪語してた人なのに何が彼を変えてしまったんでしょうか。
あ、ちなみにまたトリッシュに戻りました^^;


【8月】
・空白の8月

記事なし


2012年10月からブログを始めて、記事を書いてない月はこの月だけです。どれだけモチベがなくても月に1回は更新をしていたのを考えるとある意味レア。と言っても、特に何かあったわけでもないです。
アトラン的には何があったかと思って公式を見に行ったら、公式にも8月のアップデートはありませんでした。きっと夏休み。
そうそう、無限挑戦がありましたね。


【9月】
・武軍実装

ドリアードを忘れるな!

武軍実装。タイタンorCS参加で傭兵がもらえると言うイベントがあったため、イベント期間のタイタンの出場者はほぼ二桁ページという盛り上がりを見せました。使いまわしばっかりじゃなくてもう少しイベントも考えて実装してくれればいいのに。今のクリスマスイベントのキャンディー杖とか、どこの層に需要があるんですかね。
この月に実装された少林で今生き残っているのは、アイドル白扇と弥勒ぐらいかな。他は僕が知ってる限りあまり見ません。今少林傭兵全員言ってみろって言われたら全員名前いえるか不安。


【10月】
・最強決定戦(秋)

謝罪会見

このブログの記録によると本年度2回目の最強決定戦。本当なら3回合ったはずなんだけどね。
僕の結果は↑の記事にあるとおり惨憺たるもの。タイタンのレンタル関連はいい加減なにか対応してくれてもいいと思うんですけどね!期限の関連でめんどくさいならせめて期限切れてるやつは取り出せないようにして欲しいです!いやまぁ元をただせば100%自分が悪いんですけど!
優勝は襲さんでした。ここでトリさんが優勝してたらこの記事は半分ぐらいトリさんにもってかれるとこでした。
この最強決定戦に向けて、タイタンでは鯖が違う人が集まって練習もしました。夜遅くまで対人について話したりもしました。楽しかった。頼むから最強決定戦は続けて欲しいです、切実に。あのお祭りな感じもいいし、普段タイタンに現れないプレイヤーの試合を見る楽しみもあるのです。


【11月】
・ドリアード実装!

ドリアードのあれやこれや

遂に実装されましたドリアード!見た目的には正直、「なんでロリにした」って感じでしたけど、かわいいから問題ない。後ろのオチュー?あんなもんつけた覚えはない。見方によっては囚われた精霊ですよ。でもかわいいから許す。
ひいき目込みでグラフィックは全傭兵中トップクラスの出来だと思ってます。1位の座をクリスとリーバと争ってます。
情報公開当初は韓国先行実装か?!なんて噂もありましたが、無事に日本先行実装。このブログで世界で一番最初に動画をとって紹介すると言う目標が叶って一安心。
ただ今となっては早く韓国に実装されてなんらかの手を加えて欲しい!今のままでも役割はあるけど、もっとこうワシントンの座を奪うぐらいの強力なスキルをひっさげてパワーアップしないかな。


【12月】
・緋萌呪術狩りでドリアードが165へ

御礼 そして時は金なりへ

実は緋萌呪術書狩りは結構前から話だけは知っていたんです。だけどその時はレアアクセ4集めて狩するモチベもお金もなくてスルー。
ただ、今回はグロ鯖の動画を見て思い出したのがきっかけで、ドリアードの育成中と言うこともありブルジョア狩りに手を出すことに。そのおかげで1ヵ月で165を達成することができました。
今考えれば、もっと早く手を出していればよかったと思えるぐらいレベリングの効率が違います。どこにお金をかけるかは人それぞれだとは思いますが、レベリングに関しては緋萌狩なしでは考えられないぐらいハマってしまいました。ゲーム内で呪術書が買えるようにして欲しいですね。

・魔力塔防衛

ブログには書いてないですが、魔力塔初防衛成功が12月のもう一つの大きな出来事。
ディオーネ一強時代の「あんなのどうせディオーネがとるから行っても意味ないじゃん」って雰囲気から、チャミさんやひばりくんが鯖内で声を掛け合って、少しずつ人を集め、攻めの初成功から土曜日の初防衛成功まで、一連の流れを見てきた分とても感慨深い。僕も最初は魔力塔なんて取れるわけないから行くだけ時間の無駄だろうと思って諦めていた人間です。諦めずにずっと参加してきた人たちは本当にすごい。
拠点付近で迅速を撒き続けてくれる人や、貢献度を捨てて傭兵に卑弥呼やロロを連れてきて壁役に加護を張りつづけてくれる人、攻撃を我慢してずっと防御して壁を築いてくれる人、などなど本当にホルスが一丸となって防衛してる感じがしてとても熱く楽しい1時間でした。
色んな要素が絡んだ上での防衛でしたが、年末年始塔バフおいしいです^^攻撃バフももちろんですが、経験値25パーセントアップが超ありがたい!存分に育成に励めます!ホルスの皆さんお疲れ様でした!



■■■■■

こうして振り返ってみると、今年はひどいバグ関連はありませんでした。むしろ去年がバグ祭りだっただけかな。
バランスが崩壊してるってのとバグは全く別物なので、そういう意味では穏やかなリーグ環境だったと思います。初期ベリサッコとか天魔とか開発のバランス感覚には呆れますけどね。


それでは、今回の記事はこれで終わりです。今年1年間、足を運んでくださってありがとうございました!
更新頻度も大きく下がり、何よりリーグ関連の記事を書くブログと言っておきながら、考察はもちろん週末報告すらロクにしないとんだ詐欺ブログに成り下がってしまいました。来年は、毎週は無理でも、できるときはなるべく週末報告したいと思います。

いつも意識しているのは書いてる方も読んでる方も楽しい気持ちになれるブログです。読んでくださる方がいる限りこのブログは続きます!来年もよろしくお願いいたします!
それではみなさまよいお年を!
丐幇の実装と、その見た目のインパクトとは不釣合いな性能で、半分ぐらい“あの傭兵は今”状態に足を突っ込んでいるドリアードを紹介するブログはこちらです。ようこそいらっしゃいました。
数回にわたりドリアードの性能を紹介してきましたが、おそらくこれで最後になるでしょう。

ガードのモーションがないとか、再生で加護が消せないとかの幾多の不具合も、ドリアード自体が空気すぎて開発からもスルーされそうで怖い。ガードモーションないとやりにくいってのももちろんあるんですけど、純粋にガードモーション見てみたいってのもあるんだよなぁ…。
ただ、再生の方はちょっと仕様じゃないかと思えてきました。というのも、丐幇の金春三が持つ単体浄化も同じ仕様で加護されている相手には使えないんですよ。
あとらんデータwikiさんによると、「回復効果→浄化効果と適用されるようで、魔法を使えない相手には使えないっぽいです。なので魔教の天魔剣皇のスキルや加護状態の味方には使えない」だそうです。試してみたけどやっぱり使えませんでした。
再生にも極小ですが回復がついている(回復量は後述)ので、この例に漏れない気がするというわけです。そうなると楽士の浄化の優秀さがより際立ちますね。


【165達成】


300%だとか、クエ2倍も重なるという幸運もあり、ちょうど一ヶ月ぐらいで達成。300%はあんまり堪能できませんでしたが、クエ2倍と重なったのが本当に大きい。後は後半の緋萌呪術狩りでペースアップできたのも、一ヶ月で165を達成できた要因の一つ。
平日はクエとリフバフ2時間のみ、休みは集中を使って放置+できるだけ狩。経験集中書とか萌アクセとか呪術書代とか、かかったコストは今までの傭兵育成と比べると考えたくないぐらいお高いですけど、結局は何を重視するかですよね。
僕の場合は一刻も早くドリアードを165にして活躍の場を広げたいというのが最優先事項だったので、そのためにかかる費用をケチる気は最初からありませんでした。むしろ、金で効率があがるならなんでもやりますレベル。
参考までに、一週間で呪術書は3千枚ぐらい使ってました。

育成に関しても特に苦痛と言うこともなく、どんどんあがっていく経験値バーを見るのが逆に楽しかったです。楽しくなければ毎日リフバフ2時間とか絶対無理。昇級→装備変更→昇級と、わずかですが節々で変化もあるので、その変化を楽しみながら育てていたらいつの間にか165だったという感じです。
なんか忘れていた感覚と言うか、「育てなきゃいけない」と「育ててみたい」って言うのは育てるモチベ上で大きな違いがありますね。久々に育成ゲーを堪能できた気がしました。


【リーグ時】


トワイライト装備です(ワシバフ込み)

前回載せた160昇級のステータスと比べると、攻撃力の伸びが目を引きます。400ぐらいあがった。他はHPがちょっと伸びたくらいで大きな変化はありません。遠距離だし火力要因としてはとりあえず及第点かなー。
これで攻撃力も残念だったら救われないので、とりあえずはよかった。後は、ちょっとずつ装備を強化して底上げをしていきます。

【スキル(リーグ時)】


こんな感じです。中途半端にスキルレベルが止まってるのに特に意味はありません。パッシブはとりあえずMAXで、他は護符などの適用もあるので適当に止めました。というより上げることに意味がな(ry
ドリアードのあれやこれやの記事に、130昇級でのスキル性能が貼ってありますので、お暇な方は比較してみてください。


●巨木の恩恵


AP上昇はおそらく昇級で変わります。140でAP16になってそこから頭打ち。130昇級から回復量が40しかあがってない。



●巨木の束縛


恩恵同様、130昇級から増えた数値がお察し。吸収量は、アバウトですが前列400、後列200ぐらいでした。まぁ加護されなければ最大4回この回復量が入るわけです。そんだけ回復したからなんだって話ですね。
ガルーダの鞭持たせてクールごとにこのスキルを入れて、冷静とかのパッシブを盛り盛りすれば超絶ゾンビ傭兵になれるかもしれない。でもガルーダの鞭のスキルも全然発動しなかったんですよ。Nだったけど。


●巨木の再生


史上最大の残念スキル。ほら見て!この昇級とスキルレベルでのこの回復量!一桁多くても足りんわ。
魔防で多少の上昇はあるとしても、さすがにこれはひどい。しかも中途半端にこの回復があるせいで浄化スキルになりきれていないという疑惑もある始末。クールもこのままでいいからせめて生命の祝福ぐらいの回復量にしてください。

よくドリアードのスキルどれあげるのがいいですか?って聞かれますけど、別にどれでもいいと思います(適当)
狩でこれらのスキルの性能を気にする方はあんまりいないと思いますが、もし気になる方がいたらコメントなりささやきなりをしていただけたら狩の性能も貼ります。


【総評】
火力はまぁまぁあるので、有り余るAPを生かして被弾+火力要因としては最低限の役割をもてそう。でも全てが中途半端なので、構成を考えるときに一番最初に外す候補になる存在。
ただ、もしかしたら僕が本当に縛りプレイとかパフォーマンスで嫌々ドリアードを使ってると思ってる方もいるかもしれませんが、それはないです。
自分が考案して実装された傭兵って思ってた以上に愛着がわくもので、どうにかして活躍させたいというのが一番強い。性能のことは散々ぼろくそに言ってますけど、スキルが微妙なだけで被弾要因としては優秀だし、ある程度の役割を持てる以上、PSとか構成次第で輝けるとは思うんです。他に優秀な傭兵が多いだけで、少なくともドリアードを使っているからというのが勝てない理由にはならないです。コロシアムを覗いてると結構構成に入れている方多いですしね。

今考えてるのは「末裔杖」「トリッシュ」「弓」のどれかへの転職。冷静パッシブとか2列束縛とか交友or酷寒でサポートとか机上で思いつくのはいくつかあるんですけど、とりあえずやってみないとどれがしっくりくるかわからないので、まずは末裔杖かトリッシュのどっちかになろうと思います。装備が必要ない末裔杖か忘却で転職できるトリッシュか悩むところ!

清蘭の十字回復スキル実装で鞭はますます居場所がなくなりそうなのは秘密。
さてさて!6万Hitありがとうございます!

気づいたらこのブログを開設してから2年も経ってるんですね。
随分とブログの更新頻度は落ちておりますが、アトランティカへのモチベーションは変わっておりません。

最近は手軽につぶやけるのが楽なのもありツイッターでの発信が多目になってしまっておりますが、やっぱり僕の原点はこのブログだと思ってるので、ブログの更新もがんばりたいなと思っております。

さて今日は巷で話題の緋萌狩りについて検証していきます。

【緋萌狩りとは】


緋萌のイヤリングと緋萌のブレスレットを2個ずつ装備した傭兵の魔法攻撃(呪術書含む)で止めを刺し、経験値を通常より多く取得する狩。

ちなみにイヤリングもブレスレットも今は1個100G弱の値段がついてるので、全く持っていない状態から4つ揃えるのは400Gぐらいかかるブルジョア装備となっております。僕はいつかのアクセサリポンでブレスレットを2個持っていたのと、イヤリングを40Gで滑り込みで1つ購入できたため安く揃えられました。
最初はこのアクセサリ高騰の流れで手持ちのブレスレットをうっぱらってやろうかとも思ったんですけど、目先のお金と、ドリアードを含めたここから先の育成効率を天秤にかけたところ、ここはケチるところじゃないだろうという結論にいたりました。

【狩り方】
最も効率がいいのは、ムウィンド・気候士・三蔵法師のクール2全体攻撃持ち傭兵で味方2ターン目にぶっぱで一掃し、次のターンで拾い終わる方法。ただこれは高レベルの上記傭兵がいる前提で、その上に装備やバフが絡んでくるみたいなので、割と敷居が高いと思われます。
なので、自分の手持ち傭兵や装備と相談し、味方3ターン目に倒し終われるぐらいになればこの狩で効率アップが望めると思います。

【狩場】
いくつか候補があるようなので自分に合った場所を見つけるといいと思います。
・花果山 第二関門(敵が全て近接で魔法にそこそこ弱い?)
・超越の神殿 生の関門(魔法に弱い。遠距離攻撃がない)
・沈黙の聖地(1戦闘の敵の数が多く、1体当たりの経験値が多い?気高い製錬石のドロップもあり)

ちなみに僕は超越の神殿で呪術書狩りをしています。詳細は下記。

【効率】


自分自身、どれぐらいの効率が出るのか知りたかったので動画撮影しました。

・ドリアードに緋萌セットを装備させレアチャリオットを装備すれば、晩餐がなくても称号のみで全ての敵が一掃できます。
・1ターン目:待機→2ターン目:呪術書を焚く→3ターン目:拾う。これで1戦闘だいたい30秒。
・仕様上最初のターンでは呪術書は使えません。ただ、援軍が来た場合はその都度呪術書が焚けるため、援軍が来るほど効率があがります。被弾はドリアードのスキルで無効化。
・PTは探索要因で5人。魔法が地味に痛いため近接で揃えています。

経験値バフ495%で1PT最大66mほど。今回は約10分狩り続けて総取得経験値は1.3Gでした。1時間で8Gってとこでしょうか。
今まではレア火龍で1撃で葬る狩をしていたんですが、同じ経験値バフで以前での狩りをしてみたところ、1戦闘約20秒で1PT最大30mでした。経験値効率的には1.5倍弱ぐらいですかね。ガバガバな計算ですけど。

一見すると操作が複雑ですが、マウスに「ターン飛ばし」・「呪術書使用」・「全体捜索」のキーを割り当てればキーボードに触らなくても狩ができます。やることはワンパターンなので慣れればほとんど手が勝手に動きます。
デュアルモニタでやれば動画見ながらリフバフの2時間なんてあっという間!

ちなみに、動画で使用した呪術書枚数は20枚(たぶん)。現在の市場価格で紅焔の呪術書は1枚当たり約12m。ということは、1時間あたり1440mぐらいとんでいくということになります。
経験値集中1時間も900mという意味不明価格になっておりますが、3時間や1日と違い使った分だけお金が飛んでいく財布にとても優しくない狩ですね。

いただきものを含め、幸い紅焔の呪術書のストックはまだたくさんあるので、ドリアードが165になった後は三蔵法師や天気を少しずつ育成して、呪術書を使わないでも今の効率を出せるようにしたいです。
みなさんも倉庫に眠っている旅人のリュックとか漁ってみるといいですよ!

【ドリアードその後】


160昇級ステータスです(ワシバフ込み)。

噂によると体力が爺より低いらしいです。魔法防御の高さも相まって遠距離攻撃ができる杖傭兵みたいになってる。

165に期待。


【アトランティカ好きにオススメサイト】

あとらんデータ@wiki
この前ネットを色々回ってたら見つけました。
もしかしたら知らなかったの僕だけかもしれません。

各ヒーロー・各傭兵についての考察がこと細かく書いてあり、構成を組む上で参考になることばかり。こんなサイトを待ってた!

ついこの間本国にきたばかりの清蘭の弱体とかオデ武装強化とかも既に反映されていて、とても読み応えがありました。リーグやってる人もやろうと思ってる人も、のぞいて見るとよいかも。リーグ以外のことも情報盛りだくさんなので、一見の価値有りです!
どなたが書いてるんだろう??



こういう書き方すると本当は知ってそうだけど、本当に知りません。めんどくさい世の中になりましたね。
どりそそ

150でこんな感じでした


はくせん

どりそそ2


150昇級で同装備(オーブ外し忘れ)の白扇との比較


●軽い雑感
束縛は後半になると強いけど前加護で空気。回復量も空気。あと、とても見にくいらしい。
再生は思った以上に使いにくい。クール2になったとしても、APデメリットのせいでほぼ使えないと思う。
火力はない。
スキルの使いにくさと火力のなさのおかげで置物感がすごく、無駄にAPが余る。

ネガキャンしてるわけじゃないんですけど、とりあえず現状では真面目にほかの傭兵の代わりにいれるメリットが見つからないのです。

かわいいから使い続けますけどね!

つよい ようへい
よわい ようへい
そんなの ひとの かって
ほんとうに つよい そそくんなら
すきな ようへいで
かてるように がんばるべき

このセリフ好き。トリッシュに転職も視野に入ってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。